賭け方の違い

電卓

totoとはスポーツ振興くじの一種で、サッカーの試合予想などにお金を賭ける事ができます。売り場が様々な場所にある事から見かけたり、購入した事がある人も少なくありません。

totoと同じように、スポーツの試合を当てる賭け事にブックメーカーが存在します。totoとブックメーカーを比較すると、その賭け方に違いがある事がわかります。

totoでは、くじの売上の一部(50%)が配当金になり、くじの購入前に結果を当てた時に貰える金額はわかりません。1等を当てたとしても、複数人が当てていた場合山分けとなるので、配当金は少なくなります。

ブックメーカーの配当はブックメーカー式と言われ、メーカー自体がオッズを提示し予想が当たった場合はそのオッズに応じた配当を受け取れます。予想を的中させた人数が多くても、決められた配当額を受け取れます。

このように二つの賭け方を比較すると、どちらにもメリットが存在しており、異なる楽しさがあります。

儲けを比較してみる

お金

totoはサッカーくじとして聞いたことがある人も多くいるのではないでしょうか。しかし、ブックメーカーを日本で知っている人は少ないのではないでしょうか。

日本ではギャンブルサイトを運営することは禁じられています。日本人がギャンブルに興味がないのではありません。競馬や競輪、パチンコやtotoなど、多くのギャンブルが日本にはあり、多くの人が楽しんでいるのです。

http://www.succerbetoversea.com/

ブックメーカーは海外のサイトだから、ギャンブルサイトとして成り立っているのです。しかし、日本ではなかなかその情報が広まっていない為、認知度が低いのです。特別法で認められた公営ギャンブルが、日本では一般的に広く知られ利用されています。

しかし、日本のギャンブルは還元率が低いのが現状です。では、totoとブックメーカーで儲けを比較してみたら、どうでしょうか。還元率が圧倒的に高いのはブックメーカーの方でしょう。

つまり、同じような確率で同じような回数を当てて儲けることができたならば、totoと比較して、より大きなお金を手にすることが可能だと言うことになるのです。

安全性の比較

ハート

totoとブックメーカーとを比較した場合、安全性の面ではどちらが優れているのでしょうか。結論的に言えばそれほど大きな違いはありません。

利益を求めるために取引を行っているのですから、100%安全と言うことはどちらにもありません。利益とリスクは相関性がありますから、この点は余り考えるべきではないでしょう。

どちらかというとシステム面でのことをしっかり考えなければなりません。違いがあるとすれば、totoは日本で運営されているものであるのに対して、ブックメーカーは海外で運営されているものと言うことでしょう。

この点で多少の違いはあります。日本で運営をしていればもちろん日本円でtotoを利用することになります。

ブックメーカーは海外の通貨で取引が行われますから、為替レートが関係してくるという点では、totoと比較すると安全性の面では少しディスアドバンテージがあると考えざるを得ません。このようなことはありますが、商品そのものは余り違いはありません。

女性