オッズの比較について

猫とコイン

国内では違法であるブックメーカーとtotoを安易に比べる事は出来ませんが、一般的にサッカーに賭けるとしたらブックメーカーの方がオッズは良い傾向にあります。

というのもtotoとの場合、国の税金や会社の取り分として総額の半分は回収されるので、買った際の利益も自ずと少なくなります。なので、勝率という面ではブックメーカーの方が高いというのが一般的なのです。

ただしこれは単純な比較であり、現実問題とは話がまた違ってきます。理論値のオッズとしてはtotoの方が低いのは確かなのですが、一方で個人業者の域をでないブック業者と国が運営してるtotoでは参加者の数が違います。

なので半分近くを国などに取られていても、当てれば数億円というお金が手に入る可能性があるのです。

これほど大きなリターンがある賭けというのはブック業者にはできませんし、当てた際の賭けた金銭に対しての配当という面ではtotoの方が比較にならないほど大きいというのが一般的です。