スポーツ振興くじtotoとブックメーカーの比較

サッカー

国内のスポーツ環境を整える目的で2004年に始まったtotoですが、その元になったのがイギリスが基本ですがヨーロッパ各地で販売されているブックメーカーです。

この2つの賭けごとの違いはtotoの場合にはサッカーの試合で勝ち負けだけを予想しますが、ブックメーカーの場合にはその試合結果だけでなくスポーツ全般での試合中で起こることまで細部にわたって賭け事としています。

基本的に賭け事という観点においてどちらが良いか比較すると、totoの場合には試合の結果を予想するだけなので賭ける自体は簡単なのですが試合結果の大半を当てなくてはならないため金額は高めでも当選確率は低めです。

ブックメーカーの場合では内容の起こるか起こらないかのどちらかを予想するだけなので当選確率は高めで金額も高めなので賭けごとの観点だけで比較するとブックメーカーが良いと言えます。

しかし実際に行う場合には注意点があります。それはtotoの場合には国指定の法律に則って行われているため問題ないのですが、本来海外の賭けごとは法律で禁止されている部分があります。

その禁止されている部分を知らずに行うと人生を左右するような重大な損害を被ることになるので、賭け事を安全に行うという観点で比較するとtotoのほうが良いです。